看護師 転職 給与

看護師の転職/労働条件・給与について!

看護師の労働条件

看護師の仕事は一昔前までは「3K(きつい・汚い・給料安い)」と呼ばれる程「仕事内容の割に待遇が悪い職種の代表選手」というような扱いをされていました(悲)残念ながらここ数年で劇的に看護師の労働条件が改善したとは言えません。ただ、看護が専門職として広く世間で認識され始めたという事や、長引く不況や晩婚化の影響で「女一人でも資格を持って十分やっていけるだけの職業」として注目され始めたことがきっかけで、昔のような「しんどい割に社会的地位が低い職業」というイメージが改善された事は確かです。それでも他の先進国と比べてまだまだ看護師の労働条件が悪いことには変わりないのですが…。でもここで外国と比べて待遇が悪いとぼやいていても何も始まりません。現状に不満があるのなら、資格を活かしてどんどん転職することが可能というのが看護師の強み。仕事内容の過酷さに比べて給料が安いとは言え、こんなにも転職に有利な「女性の仕事」は看護師以外にはあまり見かけないと思います。

 

看護師の給与は高い?

 

看護師の給与が同じ年代の女性が就く職業と比べて高く見えるのは、「正社員・夜勤必須・年2回のボーナス」のトリプルセットが揃っている場合だけです。常勤でも日勤だけとなると、月々の手取りは大体4〜5万円は落ちます。拘束時間の長さや緊張を強いられるような仕事内容・重労働…など、いろんな事を考慮するとやはり、一概に他の職種より給与がいいとは言えないのが現実です。それでも私たちが仕事に対して求めるものは決してお金だけではありません。看護師の独占業務や患者さんから信頼されるということなども考えると、「働いてお金をもらう」ということが大きな意味をもちます。しんどくなって一旦辞めても、結局また看護師として働きたくなる人が多いのはきっとそのせいではないでしょうか?

 

 

 

看護師の転職/高待遇の求人を見つける方法/TOP