看護師 年収

看護師の給与は高いって言われるが・・・

看護師の年収が高いのは過重労働のため?

看護師の年収は一般的に高いと言われています。確かに、女性が一家の大黒柱として収入を得ようと思った場合には、なかなかそういった求人がないといった現状の中で、看護師であれば可能です。しかし、看護師の労働時間や仕事の内容を考えると、決して高い給料ではないと思います。特に勤務時間の面で考えると、月の残業時間が50時間を越えているというケースも少なくありません。
また、引継ぎのために何時間も早く出勤している病院もあり、数字として出ていないサービス残業が発生しています。そういった面を含めて考えると、確かに安定して一定水準以上の年収にはなりますが、羨ましいといった感覚はなくなると思います。

看護師の年収には変動給が多く含まれている?

看護師の年収を計算する際に、夜勤手当や場合によってはみなし残業などが含まれていることがあります。つまり、月々変動する夜勤手当などが想定年収に含まれており、実際の年収は働いてみないと分からない、といったケースが多いのです。
例えば、入職後に夜勤を開始する時期が半年後であった場合に、半年間の夜勤手当はありません。となると、想定年収に夜勤手当を1年間で計算していると、大幅に年収が違ってくるのです。安定して一定水準の年収があることには違いありませんが、高収入と言われる水準まで年収を上げていくためには、夜勤などの変動する手当を上乗せしていくことが必要です。